ダメージヘアを防止する工夫について

ダメージヘアを防止する工夫について

髪がダメージを受けるとつやがなくなり、パサつく上に毛も細くなって、なんだかみすぼらしい印象になってしまいます。
若い人ならばそれも夏の名残りのようで可愛らしいのですが、年齢がいった女性が髪が汚いとそうはいきません。
私は髪の健康が気になりだしてから、ドライヤーをかける前にはオイル系のスプレーで熱から保護するようにしています。
ちょっとした気遣いですが、スプレーするようになってから、髪がきしむ事が減りました。

 

指がすっと通るので、キューティクルが剥がれて傷む事が少なくなったのだと感じています。
そして、何よりも髪にダメージを与えるのが紫外線だそうです。

 

紫外線は肌には悪いと知っているのでダメージから守ろうと日焼け止めをしていましたが、髪は無頓着で放っていました。
皮膚と同じように守ってあげないといけないと、美容院で教えてもらってからは、出かける前にUVケアのできるヘアスプレーをさっとふってから出かけています。

 

年齢を重ねるといろいろな部分でケアが必要になり、億劫に感じる事もあります。
いつまでも若くいたいとは思わなくても、人が目をそむけるくらいに見苦しくはならないようにしたいと思うので、頑張ってケアしていきたいと思います。

 

当然ラサーナも使っていますよ!

ダメージヘアを防止する工夫について@lasana化粧品(ラサーナ)の通販、ラサーナ格安です。口コミで話題の海藻ヘアエッセンスはこれ関連ページ

田村麻紀さんの髪形に憧れています。